Apple Thunderbolt Display レビュー


Apple 27インチThunderbolt ディスプレイ 3ヶ月使用したレビューをするよ!


[価格] 84,800円
技術仕様

スクリーンサイズ:27インチ(対角表示領域)
スクリーンタイプ:TFTアクティブマトリクス方式液晶ディスプレイ、IPS(In-Plane Switching)
解像度:2,560 x 1,440ピクセル
カラー:1,670万色
アスペクト比:16:9
視野角:水平方向178°、垂直方向178°
輝度:375 cd/m2
コントラスト比:1,000:1
応答時間:12 ms
自己給電式USB 2.0ポート x 3
FireWire 800ポート
Gigabit Ethernetポート
Thunderboltポート
Kensingtonセキュリティスロット

iphone アプリの開発環境で mac book air 11でxcode を使用するにあたりディスプレイが小さすぎて画面の切り替えが面倒になったので27インチを購入
ディスプレイは今まで体験したことがない解像度にびっくり!これなら映画もOK!


ブラウザを2つ並べても余裕があるので、更新作業がはかどります。

xcode の storyboardを編集しているところstoryboardファイル、mファイル、hファイルを三つ並べることが出来るほど広い

これだけスペースがあるとmファイル、hファイルを並べて紐作業が出来る

値段は84800円とかなり高価ですが、2,560×1,440ピクセルの高解像度LEDのスペックでディスプレイを探すと他には、あまり種類がなく他社製品で買うとなると下の2つぐらい


SAMSUNG 27型ワイド液晶モニター S27A850D


ヒューレット・パッカード ZR2740w プロフェッショナル液晶モニター XW476A4#ABJ

Mac を使っているのであれば間違いなく 27インチThunderbolt ディスプレイ を購入するのがおすすめ ていうかこれ以外買う理由がみつからん!

本末転倒な話ですが

機動性を重視してMac book Airを購入したのですが、27インチのディスプレイを購入後はAir 単体で使うことがなくなってしまいました。毎回電源とThunderboltの線を繋いで起動しています。
しかし27インチの使いやすさになれてしまうと11インチは不便、仕事場にはMac book pro があるので、Air単体で使うとなると、外出時のみになるのですが仕事柄特に使うこともありません。
しかし、今後の使用での良いプランがあります。いまのAirもかなり使えるのですが、CPUが弱いのとメモリーがちょっと不安で、今のところは良いのですが今後アプリ開発でパフォ−マンスが良いPCを導入したい。
そこで今のThunderboltディスプレイに今後発売されるであろうMac Proを購入して完全にディスクトップ用のディスプレイにしてしまおうという計画です。これならディスプレイも無駄にならない!

関連する記事

この記事のトラックバックURL

コメントをどうぞ